歌舞伎界のプリンス カリスマ的立ち位置の人 市川海老蔵さんの魂を紐解く 前編

歌舞伎界のプリンス、今や、そのカリスマ的存在感、立ち位置に居ると言って良いでしょう。
市川海老蔵さんは、そんな存在感を放っていると思います。

奥様、小林麻央さんが亡くなられて1年以上が経ちました。
まるで、悲しみや悲壮感を断ち切った様な、素振りも見せない様な立ち居振る舞いで世間に対峙しているかの様にお仕事をこなされている様に視えます。
番組の撮影やインタビューにサラリと受け応えられている感が、逆に、素っ気ないくらいで潔いほどの人の良さ?・・・を出していて、ちょっと引くくらいです。

その後のアメブロでの気さくさや、小林麻耶さんとの再婚説を勝手にマスコミが騒ぎ立てたりと、マスメディアから追いかけられる事が付きまとうも冷静に対処している様子ですが。

以前の、やんちゃがちに視える言動、振る舞いも、この映像から垣間見えるご当人は、歌舞伎を通じて奥深くに居る自分を視ようとする一面が窺えます。




歌舞伎のカリスマ的立ち位置に居るその人、海老蔵さんのスピリチュアルなルーツに迫ります。

windzblue

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする