冠動脈バイパス手術 スーパードクター・新浪博士 医師の神業手術

ここしばらくの欧米化しつつある日本人の食生活による生活習慣の変化で、まだ比較的若年な40代程度でも、心臓疾患を発症するケースは少なくないという先生。

狭心症や心筋梗塞を治療するのに人工心肺を使わない心臓を動かしたままのバイパス手術を行う神業の持ち主、冠動脈バイパス手術のスペシャリストです。
東京女子医科大学附属日本心臓血圧研究所外科の先生、妥協を許さない、新浪博士 先生の手術の全貌です。

日常的に生活習慣に気をつけて、日々、節制しながら生活を送ることがいかに重要か、その手術の場面を目の当たりにすれば、否が応でも実感する事でしょう。

映像の中では、あのペアンが登場します。しかし、ドラマさながらのものではありません。




そして、心臓を動かしたままの手術を可能にする技の術具、スタビライザーというものも登場します。
局所の動きを制限しながらの凄技です。

1日に3件も手術を立ち回り、見事な手捌きでこなしていくスペシャリスト、スーパードクター・新浪博士先生の冠動脈バイパスの大手術です。


windzblue

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする